沿革

学園の創立者 稲毛多喜

本校の創立者の稲毛多喜は、苦難の青春時代を過ごし、女性の自立の必要性を痛感。
女子教育のために自力で学校を興すという偉業を成し遂げました。
1924(大正13)年に本校の前身を創立。
以後、時代の推移と社会の要求に応えて多くの人材を送り出してきました。

1924 稲毛和洋裁縫院設立
稲毛多喜 理事長・校長就任
1925 和洋女子職業学校に改称
1935 桜丘女子商業学校に改組
1947 学制改革により新制の桜丘女子中学校設置
立野信之 理事長・校長就任
1949 新制桜丘女子高等学校設置
1963 普通科新設
1971 立野有文 理事長就任
1996 中学校再開
2004 桜丘中学・高等学校と改称 男女共学化

PAGETOP