桜丘トピックス

高校CL1年 セブ語学研修 その3

セブ島からこんにちは。

早いもので現地での1週目の授業が終わろうとしています。最初は戸惑うこともありましたが、少しずつ緊張もほぐれリラックスして授業に臨む姿が見られるようになりました。今日はこちらでの生徒の1週間をご紹介します。

朝食はビュッフェ形式。美味しすぎて食べ過ぎてしまうという幸せな悩みも。

朝食後にスポーツをしてウォームアップする姿もみられます。リフレッシュして運動不足も解消できそうです。

午前中は4時間のマンツーマンやグループレッスンがあります。

そして待ちに待ったランチタイム。食べ過ぎ注意!

午後も4時間の授業。でもとても楽しそう!日を追うごとに固い笑顔から、リラックスした笑顔に。おまけにや休み時間にも桜丘生同士、英語で話し始めています。もうすっかり日本語を忘れているのかも?

夕食は10種類位のメニューから自分で好きなものを注文していただきます。

夕食後は少しリフレッシュタイム。外でバトンや少林寺、バレーボールなど、まるで部活のようですね。

夜はその日の復習や宿題を頑張っています。自分の部屋だけでなく自習室で集中して取り組む人たちも。宿題である英語の日記も、日を追うごとに書く量やスピードの向上を実感しているようです。

 

最後に生徒たちのしおりからコメントをご紹介します。

・Howdyの先生達はすごくフレンドリーでまるで家族みたい。今日はとても楽しく有意義に過ごせた。

・言いたいことが英語で言えなかったり、知らない単語もたくさん出てきて、単語を知っているだけでだいぶ違うと思うので、改めて単語は大事だと思いました。もっと頑張って帰る時までに確実に成長したいと思いました。

・桜丘の先輩がセブで400単語くらい覚えたと先生から聞いたので頑張ればかなり覚えられるのだと思いました。

・今日は意欲的に授業に参加できたと思う。知らない単語の意味を聞いたり、レッスンの間に授業で言いたいことを日本語でメモしておいて後で調べたりして、「自分勉強してるやん!」って感じでなんか嬉しかった。

・一日中会話していると自分の知らない単語がたくさん出てくるのでとても大変ですが、ルームメイトも毎日頑張っているので私も頑張ろうと思えます。

・Howdyに来てから時間が過ぎるのがとても早くて今日が5日目ということにとても驚いています。毎日新しいことを発見している日々なのでとても楽しく、10週間という時間を改めて短く感じました。

 

 

PAGETOP