桜丘トピックス

高校CLプレゼンテーション発表会

CL1・2年生合同のプレゼンテーション発表会について報告します。

3月13日(水)の午後、多目的室にてCL1・2年生全員による本格的なプレゼンテーション発表会が

行われました。

今回の発表会は、桜丘高等学校の教育の特徴であるグローバルイシューズという授業を通して

生徒たちが身につけた情報を収集、分析・解析する力、英語でも日本語でも自在にプレゼン

テーションする力を発揮したものとなりました。。

CL1・2年生だけでなく、保護者の方々や教員はもちろん、本校の中学生も見学しました。

 

今年度は、1・2年生でテーマを合わせつつも、2年生はセブ英語研修の成果を活かすために

英語での個人発表、1年生は議論を通じて内容を深める練習のために日本語でのグループ発表、

と形式を変えて取り組んできました。

テーマ・発表形式は次の通りです。

 2年生:「SDGsから考える世界の問題」(個人発表・英語)

 1年生:「SDGsから考える日本の問題」(グループ発表・日本語)     

 

2年生は一人で実施する英語のプレゼンテーションで緊張していたようですが、生徒によっては、

見学している教師に英語で質問をする等、プレゼンテーションの基本である見ている者も楽しめる

発表をしていました。

1年生はグループの発表で、仲間と協力して作り上げたプレゼンテーションでした。

 

 

生徒たちが選んだプレゼンテーションの内容は多岐にわたり、また、画面構成やプレゼンテーションに

おいての創意工夫が沢山見られて、長時間の発表会でしたが、あっという間に感じられるほどでした。

見学している教師たちも、生徒たちの発表に感心して見入っていました。

自分たちで選んだ社会問題について調べ、解決策や提案を考えてプレゼンテーションをしている姿に

これからの社会を担う生徒たちが活躍しているであろう将来を垣間見ることができました。

今後の活躍がとても楽しみな生徒たちです。

PAGETOP