桜丘トピックス

高校オーストラリア留学報告③

本日も前回に引き続き、San Sisto College(オーストラリア姉妹校留学)にいった生徒たちの留学先での様子を投稿します!

 

以下は留学していた時の生徒の日記です。

 

〈ホームステイについて〉

私のホストファミリーはお父さんとお母さん、シスターのKristaとブラザーのRobertの4人家族でした。私を家族の一員として扱ってくれ、一緒にゲームをしたり、夕飯の買い物に行ったりなどとても充実した1ヶ月が送れました。

会う前まで緊張していましたが、ホストマザーからKristaとRobertと同じように愛称の「Darling」と呼ばれるようになった時はとても嬉しかったです。

夕飯はチキン、ポテト、野菜がほぼ毎日出ました。調理の仕方などが毎日違ったので美味しく食べられました。デザートがある日はとてもお腹いっぱいになるので大変でした。

休日にはいろんな場所でショッピングや観光を楽しみました。

シティキャットに乗ってシティに行って博物館や美術館に行ったり、ゴールドコーストでショッピングをしました。

LONE PINE というコアラなどの動物の保護施設では、カンガルーに餌付けしたり、コアラやエミューと触れ合いました。

Kristaと学校の友達と3人でアイススケートにも行きました。

 

 

〈学校について〉

San Sisto Collegeは女子校なので女の子しかいない空間は新鮮でした。そして、カトリックの学校なので集会やイベントでお祈りや賛美歌を歌いました。宗教にふれるのは初めての経験でした。「あなたの宗教は?」と聞かれましたが、神社やお寺に行くのに何も信仰していないことは理解されませんでした。この経験は私にとって考え方の違いや文化の違いを考えさせられました。

授業は、英語、宗教、経済、演劇、体育をKristaと一緒に受け、担当の先生が私の好きな科目を時間割に入れてくれたので、音楽、美術、家庭科、イタリア語を別々で受けました。

日本にはない授業は面白くて楽しかったです。

日本語クラスの手伝いを毎日していたので、いろんな学年の生徒と話す事が出来ました。そこで仲良くなれた子もいました。

2時間目と3時間目の間にモーニングティというおやつを食べる時間がありました。友達とたくさん話せるこの時間が1番好きでした。英語を教えてもらったり、手遊びしたりととても楽しかったです。

最終日の夜、男子校と合同のダンスパーティがありました。学校の友達や先生とダンスをしたのはとても楽しかったです。

この1ヶ月はとても濃くあっという間でした。英語だけでなく文化や考え方、日本とオーストラリアそれぞれの良いところ、違うところなど、考えさせられたり気づかされる事が多くとても良い経験になりました。

 

高校生のころから、異文化にふれていろいろな価値観や考え方を身につけることはとても自分のためになることだと思います。

この経験を通じて、今後のさらなる飛躍を期待しています!

PAGETOP