桜丘トピックス

中学ユニクロ「届けよう、服のチカラ」プロジェクト!

 桜丘中学校では、昨年度に引き続き、ユニクロの

「届けよう、服のチカラ」プロジェクトに参加して

います!不要になった子ども服を集め、UNHCR

を通して難民の方々へ届けようという活動で、生徒会

メンバーを中心に動いています。

6月24日(土)の中学集会にて、社会科教員より

「難民」についての授業があり、その後7月14日

(金)にユニクロの社員の方による出張授業が

行われました。

出張授業では、
・ユニクロという会社について
・服の持つチカラ
・難民について
・私たちにできること
の4点をメインに授業を行っていただきました。

社員の方から生徒へ質問を投げかける場面もあり、

実りある授業であったように感じます。

さて、この出張授業からが活動のスタートです!

夏休み明けの9月2日(土)を第1回の回収日とした

ところ、中1をはじめ多くの生徒が子ども服を持って

きてくれました!

また、学校説明会でも声掛けをしていましたので、

リピーターの受験生の方々が、子ども服を持ってきてくれました!

 

生徒会メンバーで集計をしたところ・・・

 

その数なんと325着!

ご協力いただいたみなさま、本当にありがとう

ございました!

さらに、活動の幅は学校内だけにとどまらず・・・

桜丘のご近所の飛鳥山町会、馬場町会にもご協力を

お願いしに行ってきました。

 

各町会の掲示板にチラシを貼ってもらい、回覧板を

回して頂いております。

また、16日(土)には馬場町会の広報車をお借り

し、回収活動もさせていただきました!

生徒会長が、呼びかけしているところです。

(途中で切れてしまっていますが、一生懸命な姿をごらんください)

 

次回の回収日は、桜華祭の9月23日(土)、

24日(日)です。不要になった子ども服が

ありましたら、お手数ですが桜丘までぜひ

お持ちください!

回収する子ども服の注意点です。
・ユニクロ、GU以外でもOK
・サイズは赤ちゃん用~160センチまで
・下着以外であれば冬服、夏服でもOK
・洗濯をお願いします。

私たちが集めた洋服が、難民の方々の生活に

少しでもお役に立つことができたら・・・

と願います。

PAGETOP