桜丘トピックス

高校高2模擬選挙

3月8日(木)、高校2年生を対象に、主権者教育の一環として模擬選挙の特別授業を行いました。

まずは、北区選挙管理委員会の方々による「選挙クイズ」からスタート!
2択のクイズが出題され、赤か青の札を上げて解答します。

途中のチャンスタイムでは、いい解答をした生徒に記念品のクリアファイルがプレゼントされました!

その後は、「若者の投票率を向上させるには?」というテーマで模擬選挙を行いました。
3人の候補者の演説を聴き、実際に1人ずつ舞台に上がって投票します。

記載台や投票箱は、実際の選挙で使われているものを北区選挙管理委員会の方々が用意してくださいました。
各クラスの選挙管理委員の生徒が名簿のチェックや投票用紙の交付を担当し、まるで本物の選挙さながらです。

開票作業も自分たちで行います。

いよいよ開票結果の発表です。なんと、1位の候補と2位の候補の得票数は「1票差」でした!
自分の一票が投票結果を左右することが体験できました。

誕生日が来て18歳になると、いよいよ選挙で投票できるようになります。
2018年は大型の選挙が予定されていませんが、初めての選挙が楽しみですね!

PAGETOP