桜丘トピックス

高校【高1】姉妹校(ロス・ガトス)留学報告・その1

みなさんこんにちは。

今回はアメリカにある本校姉妹校に留学し、先日帰国したばかりの2名のうちの1名、Nさんからの報告をお届けします。帰国直後に目を輝かせて体験を語ってくれたNさん、英語力だけでなく視野も大きく広がった様子が伺えます。

 

——————–

私は、1月25日から2月16日の3週間、姉妹校との交換留学プログラムで、

アメリカ・カリフォルニア州にある「ロスガトス高校」に留学しました。

↑最終日のお別れパーティーにて

その時、日本との違いで特に興味深かった事を紹介させていただきます!

 

  • 食事

カリフォルニアの食事は、一言で言うなら、「多種多様」です。

カリフォルニアはシリコンバレーという事もあり、会社の関係で、特に様々な人種の方が生活しています。

なので、日本料理ももちろん、メキシコ料理、南アメリカの料理、中東アジアに料理まで、見たことのないような料理が沢山あります。

↑メキシコ料理・タコスです!

 

私自身も、ホストファミリーに、アメリカにある「リンガーハット」に連れて行ってもらい、「長崎ちゃんぽん」を食べて来ました!

食べるときは、お祈りをする家庭もあれば、何も言わずに食べ始める家庭もあります。

日本のように「いただきます」と言う文化は、もちろんあるとは限りません。

 

よく言われる、「アメリカンサイズ」ですが、私は3週間目まで特に感じずに過ごしていました。

しかし、友人と放課後に地元のハンバーガーショップに行ったところ、アメリカンサイズを実感しました。

これが、実際に食べたハンバーガです!

写真だと分かりづらいと思いますが、日本のマクドナルドのハンバーガーサイズはあります。

それだけなら何の驚きもないのですが、これが「ミニバーガー」なんです!

これ以上小さいサイズはなく、あるのはレギュラーサイズとダブルバーガーのみ。

私はこれを食べただけで夕飯を食べれなくなるほどお腹が一杯になりました。

 

これだけサイズが大きいと太ってしまうのでは、と思われますが、それもまた人によりけりです。

アメリカでは体重管理まで自己管理の一部として、昇進などに響く企業も多いので、気を使っている方の方が多く見受けられました。

それもあってか、学校で筋トレの授業があったり、ジムなども街にありました。

全体的に、チーズが多かったり、サイズが大きかったりはありますが、健康志向も高いな、と感じました。

 

  • 学校制度

アメリカの学校制度は日本とは大きく異なります!

私が留学した学校は高校、という事ですが制度が大きく異なるため高校は4年間あります。だいたい12〜16歳の生徒が通っています。

また、アメリカでは高校までが義務教育なので、高校までは学校に通います。

ただ、公立校でも日本の私立高校並みの授業料がかかるらしいです!

そして、義務教育、とはいえ単位を落とすと進級・卒業できないため、年齢の違う生徒と同じ授業を受けていても全く違和感がないそうです。

 

授業は全体的に、ある一つのトピックについて積極的に議論をする、と行った授業が多く見受けられました!

議論を多く行う授業法により、しっかりとした意志をもち、意見を言える人が多くいました。

 

授業制度も日本の高校とは全く異なりました!

どちらかというと、大学の授業のように、いくつかの単位を取ればいいので授業を自分で一コマずつ取り、参加していました!

このような制度からも自分の興味がある事への積極性があるのかな、と思いました。

私が留学したロスガトス高校では、1コマ90分の授業を1日3〜4コマ受けていました。

1コマ目と2コマ目、2コマ目と3コマ目、の間にはそれぞれ30分ほどの「tutorial」と呼ばれる休み時間があり、お菓子やお昼を食べている人が多かったです。

校外に出て食事をすることも許可されているので、学校を出て店に行ってお昼を食べる人も多かったです!日本では比較的、不思議な感覚ですね。

 

また、授業の種類も多種多様!でした。

もちろん、英語、日本語、化学、など一般的な授業も多くありますが、演劇や合唱、オーケストラ、陶芸、写真など、日本では部活動に分類されそうな授業が多くあり、沢山の事を学べるな、と感じました。

↑演劇の授業! 役者だけでなく、台本、小道具、照明なども全て生徒で行なっていました!

 

授業は3コマ目の人は2時15分ごろに終わり、早く帰れるので、みんなそれぞれの放課後の過ごし方をしていました!

それだけ聞くと、羨ましいですが、課題も多いそうです。

また、大学受験対策としての授業はなく、各自で責任を持ち受験をするので、受験対策も、と忙しく、世間は厳しいなぁ、と感じました、、、。

 

他にもアメリカでは、今の日本では経験できない体験が多くありましたし、英語力だけでなく人としての知識量も上がったかな、と感じています!

このような貴重な経験ができ、本当に良かったです!

 

——————–

もう1名の報告はまた後日、お楽しみに!

PAGETOP