桜丘トピックス

高校高1 姉妹校留学ロス・ガトス その1

今日はアメリカ・シリコンバレー近郊にあるロス・ガトス・ハイ・スクールに3週間の姉妹校留学をした高1生徒Fさんからの報告をお届けします。

——————————–

私は1月26日から2月16日までアメリカのロスガトス高校に留学しました。

書きたいことが多すぎる中、どうにか絞ったいくつかを紹介します。

これはソミソミというお店の鯛焼きの上にソフトクリームが乗っているものです。日本語のクラスでプレゼンをした際に鯛焼きを紹介したら、現地の先生が教えてくださり、ホストの子が連れて行ってくれました。ソフトクリームの味と鯛焼きの中身を数種類の中から選ぶことができます。抹茶味があったので迷わずに選びました。美味しかったです。日本にもいつか上陸してほしいなと思いました。

ホストとその友達とサンタナロウにステーキを食べに行きました。今まで食べたステーキの中で一番美味しかったです。この日は車を呼べるアプリを使って移動をしました。そのアプリを使うとほんの数分で車がやってきて、行きたい場所に連れて行ってくれます。タクシーに近いものです。また、そこにはマイドというお店があり、日本の文房具が沢山売っていました。紀伊國屋が運営しているそうです。

ホストの子が友達を呼んでパーティーをしてくれました。一緒にフォートナイトをしたり(アメリカでもとても人気です)、カラオケをしたりしました。フランス語を習っている子が2人いて、フランス語の歌を歌っていてすごいなと思いました。私が歌っていた時、ホストの友達が日本語の歌詞が出ている画面をグーグル翻訳で読み取っていました。どんな翻訳がされていたのか…。とても楽しい時間でした。

私達は日本語のとあるクラスでたこ焼きを作りました。日本だと学校で料理をするのは家庭科の時間だけですが、ロスガトス高校では日本語だけで無く、フランス語やスペイン語などの言語の授業でも料理をすることがあるそうです。その国の文化に触れられていいなと思いました。ちなみに私はスペイン語の授業を受けてスペイン語が好きになり、勉強し始めました。アメリカでの思いがけない出会いの一つです。

バレンタインデーに学校から帰ってきたら、机の上にこのカップケーキが置かれていました。可愛くて美味しくて最高でした。ところでアメリカは日本と違って、それぞれの授業ごとに先生のいる教室に向かいます。だから何年何組といったものがありません。そのためか、日本のように友チョコを交換し合う光景をほとんど見ませんでした。バレンタインデーの日本の様子を見たら驚くだろうなと思いました。

アメリカでの日々は私の人生で今までもこれからも一番濃い3週間だと思います。また会いに行きたいです。本当に素晴らしい経験ができてよかったです。

——————————–

桜丘には、アメリカ、オーストラリアの姉妹校に留学するプログラムがあります。現地の高校生として生活する体験を通して、考え方や学び方の違い、文化の違いなど多くのことに気づき帰国します。帰国後の活躍が楽しみですね。

そして6月にはロス・ガトス高校の生徒が桜丘を訪問する予定です。みなさんも日本で交流を楽しんでください!

 

PAGETOP