桜丘トピックス

高校オーストラリア短期留学レポートNo2

オーストラリア短期留学レポートNo2です。

留学先はオーストラリアのメルボルン校外の私立学校セント・フランシス・ゼイビア・カレッジです。

7月13日(土)~8月11日(日)の期間、短期留学をしました。

生徒のレポートを紹介します。

 

・ホームステイについて

私のホストファミリーはホストファザー、ホストマザー、ホストシスター、ホストブラザー2人の5人家族で、犬を1匹とアオジタトカゲを2匹飼っていました。みんな親切にしてくれて、自分を家族の一員のように扱ってくれました。

 

上の写真はホストファミリーの写真です。右の写真の女の子が同い年のバディでした。左の写真はホストマザー、ホストファザー、一緒にホームステイしていた大学生と撮ったものです。

バディとは放課後、一緒に宿題をしたり、映画を観たり、夕食の準備の手伝いをしたりしました。金曜日にはホストブラザーのバスケットボールの試合を見に行ったこともありました。また、お互いの練習のために、私は英語を使って、バディは日本語を使って会話をするようにしていました。

 

 

左の写真は、ホストファミリーに持って行ったうどんを作った時の写真です。ホストファザーが以前うどんを食べたことがあり、気に入っていたらしく、とても喜んでくれたので嬉しかったです。右の写真は、到着した次の日に、バディとその友達と一緒に大型ショッピングモールに買い物に行った時の写真です。この時はまだ英語に慣れていなくて、二人の会話を聞いてリアクションするのでいっぱいいっぱいでした。

この写真は、ヒールズビル・サンクチュアリに行った時の写真とグレートオーシャンロードに連れて行ってもらった時の写真です。毎週末、様々な場所に連れて行ってくれて、このほかに、フィリップアイランドやシティにも行きました。

ホストファミリーと過ごす毎日は楽しくてあっという間でした。お別れする時は、お互い泣くほど悲しかったです。

 

・学校での生活について

私はバディが通っているセント フランシス ゼイビア カレッジという高校に通っていました。

1日の授業は5コマあり、1、2限目が75分間、3~5限目が55分間でした。私は日本語、数学、地球生態学、英語、瞑想、宗教、歴史、経済、課題研究の9教科をとっていました。特に地球生態学で行なった実験や、日本語の授業でうけたインタビューが印象に残っています。

よく一緒に行動していた友達との写真です。日を重ねていくうちに少しずつ話せるようになって、みんな面白くていい人たちだったので楽しかったです。

 

・留学を終えて

今回、留学に参加させてもらって多くのことを学ばせてもらいましたが、能動的に行動し、挑戦していくことの大切さを特に学べたと思います。

また、実際に外国で生活したことで、海外で働きたいという自分の夢への気持ちがより一層強まりました。

日本とは異なる文化や言葉に触れたことで、たくさん刺激を受けて新たな価値観を得ることが出来たと思います。

お世話になった両校の先生方や両親へ感謝を伝えるためにも、この経験をしっかりと自分のこれからに繋げていきたいです。    

 

PAGETOP