桜丘トピックス

高校オーストラリア短期留学レポートNo1

オーストラリア短期留学レポートNo1です。

留学先はオーストラリアのメルボルン校外の私立学校セント・フランシス・ゼイビア・カレッジです。

7月13日(土)~8月11日(日)の期間、短期留学をしました。

生徒のレポートを紹介します。

 

・ホームステイについて

私のホストファミリーはHost father , Host mother , Host sistersの四人家族でした。ホストファミリーの皆さんはとても優しくて、ホームシックなんて言葉を忘れ楽しく過ごしていました。週末には色々なところに連れて行ってもらったり、お菓子作り、ホームパーティーをしたり本当に楽しかったです。

左上の写真は朝早くクイーンビクトリアマーケットへ連れて行ってもらった時の写真です。右上の写真は家で両家の親戚が集まってホームパーティーをした時の写真です。本当にたくさんの人が集まったので、日本とパーティーの規模の違いにおどろきました。

この写真は私のバディーと、その友達と三人でショッピングに行った時の写真です。

一番左が友達で真ん中に座っているのが私のバディーの子でした。

上の写真はある日の夜ごはんです。ご飯を出してくれたりはしを用意してくれたり本当に優しくしてもらいました。食後は、みんなでカードゲームやパズルをします。日本の家庭ではこんな過ごし方をしているところはすくないし、文化や、感覚の違いを感じました。みんなが基本はリビングにいて家族で過ごす時間が多いところもすごく素敵だな、と思いました。

 

 

オーストラリアでしかできないようなことを沢山経験させてくれたホストファミリーには感謝してもしきれません。またいつかホストファミリーとあえたらいいな、と思います。

 

・学校生活について

授業は8時45分に始まり、15時15分に終わります。1日5コマの授業で、ひとこまが60分以上と日本よりも少し長いです。

私が参加したクラスは日本語、英語、数学、生物、物理、美術、保健などです。

上の写真は各教科でもらったプリントと宿題です、

教室もどこでも好きな席に座ることができます。

また、決まったクラスで授業を受ける日本のようなシステムではなく、自分が選んだ授業があるクラスに参加します。私は、バディーの子と受ける授業が違っていたため、最初は一人で不安でしたがたくさんの人が、私に声をかけてくれて、そこでも友達ができました。

上の写真は私がいつもスナックタイムやランチタイムを過ごした友達ととったです。

みんな本当に優しくて、私が日本に帰る前日の夜にサプライズで家まで来てパーティーを開いてくれました。1か月前に会ったばかりだとは思えないぐらい一緒にいて楽しくて、私の英語が伝わっているのか不安な時も、みんなが私の話を聞いて笑顔で答えてくれるので、自信をもって英語を話すことができるようになりました。1か月間と短い中でも私が成長できたのは、友達がいたからだと思います。

最後の日にちゃんとお別れをすることができたので良かったです。またいつか会いたいです。

 

・姉妹校留学で得たもの

私は今回の短期留学を通していろいろなことを学び、得ることができました。

その中でも「チャレンジ精神」は、留学に行く前よりもはるかに成長したと思います。私がこの留学をチャレンジしたのは親の後押しがあったからです。今までは誰かに頼ってばかり、失敗することが嫌で、自分から何かにチャレンジすることを避けてきました。だからこそこの経験は私にとってとても刺激的で自分を変えるきっかけになったと思います。

毎日が新しいこと初めて体験することの連続で、戸惑うこともありましたが自分から様々なことにチャレンジしたこの経験は自分にとってかけがえのないものになりました。

私はこの経験を無駄にすることなく、学んだこと、得たことを最大限に活用し発揮しながら今後に繋げ役立てていきたいです。

最後に、たくさんのことをサポートしこの機会を与えてくれた学校の先生方、後押ししてくれた親に感謝したいです。       

PAGETOP