桜丘トピックス

高校高2異文化体験研修 タンガルーマ③

砂で形成される島の中では、世界で3番目に大きいモートン島 タンガルーマよりこんにちは。

 

3日目は朝食を取った後、男女に分かれてマリンディスカバリークルーズと自主研修を行いました!

ディスカバリークルーズでは約2時間小さいボートに乗ってジュゴン、イルカ、ウミガメなど海洋生物や鳥達を観察し、実際のワイルドライフを実感できます。

男子の後に女子がクルーズに出かけたのですが、急に波が高くなってしまい、残念ながら途中で引き返すことになってしまいました…

しかし、しっかりと楽しめたのでよかったです!

 

 

自主研修では、事後学習のためのインタビューを現地の方にしたり、ビーチバレーや砂浜を楽しみました!

 

 

午後は地質学講座からスタートです!

モートン島が作られるまでの過程を砂浜での実験や現地の方の講義によって学びました。

☆ただ砂で形成されているだけならば海の侵食によって流されてしまうが、植物が生えることにより水への耐性が付与され、島が形成されたとのことでした。

ただの砂の上と草が生えた場所で水を流して、侵食にどれくらいの差があるのかという実験をしました。

 

 

その後、タンガルーマ砂漠にバスで移動し直前の講義で学んだことを実際に目で見たり、砂滑りのアクティビティを実施しました!

(すぐ隣で穴掘っても違う色の砂が出てきました。)

 

砂滑りでは、砂漠の斜面をボードに乗って滑ります。高さも距離も写真では伝わりきらないほどで、遊園地の絶叫アトラクションの様な感じでした。

みんなとても楽しんでいて、2回3回と滑る人も多くいました!

 

 

本日のラストは野生イルカへの餌付け体験。

波の影響で残念ながら直接触ることは出来ませんでしたが、橋の上から餌をあげることが出来ました!

こんなに浅瀬にイルカがいるのは滅多に見ることができません!

 

 

明日はブリスベンに戻り学校交流を行った後、いよいよホームステイが始まります。緊張でよく眠れるか心配ですが、頑張ってきて欲しいと思います。

 

 

では、また次回。

 

 

 

PAGETOP