桜丘トピックス

高校姉妹校10週間留学から帰国⑥

こんにちは。

オーストラリアのケアンズにある姉妹校TAS (Trinity Anglican School)に10週間の留学をした8名が帰国しました。

姉妹校に通い、同世代の友だちと共に学び、ホストファミリーと語り合う日々の中で、一人ひとりがじっくりと異文化について、日本について、学ぶということについて考える機会を得たようです。桜丘トピックスで帰国報告を紹介していきます。

六人目はS.S.さんのレポートです。楽しんでお読みください。

*****

私は1月27日から3月30日までオーストラリアのケアンズにあるTAS(Trinity Anglican School)に留学しました。

TASのクラスメイト達と撮った写真です。クラスの子達は私がわからないことを聞くと教えてくれたり、よく話しかけてくれたり、とても親切にしてくれて学校生活がとても楽しかったです。日本語の授業ではひらがなの書き方や日本語の意味を教えたりしてたくさんコミュニケーションを取れたので特に楽しかったし、とても勉強になりました。TASの生徒達はとてもフレンドリーで休み時間にすれ違ったら話したことない子に急に こんにちは!と日本語で声をかけられることもありました(笑)

 

ホストファミリーはファザー、マザーと子供(12歳、10歳)の4人家族で私にとても親切にしてくれて、本当の家族のように接してくれました。ホストファミリーはたくさん私に話しかけてくれて、オーストラリアのことを色々教えてくれたり、日本のことについて質問してくれたりしました。ホストファザーはチリソースを作って売る仕事をしていて、週末にソースを売りに行くのに連れて行ってマーケットを見せてくれたり、ナイトマーケットで日本人向けにソースを売る手伝いもさせてもらいました。週末には川や海、映画館、ショッピングなど色々な場所に連れて行ってくれてたくさんのことを経験することができました。またいつかホストファミリーに会えるといいなと思います。 オーストラリアに行く前は10週間も外国で生活できるかなど不安でいっぱいでしたが、予想以上に楽しくてとても濃い10週間を過ごすことができました。この留学で得た多くの貴重な経験をこれからの英語の勉強や高2の10週間のセブ語学研修などに活かせるようにしていきたいです。

*****

以上、S.S.さんでした。今年の秋に参加予定のセブ英語研修ではまた別な体験が待っていると思います。日本とオーストラリアとフィリピンの3か国比較研究ができそうですね。

これからの桜丘での活躍、大学進学後の活躍に期待します。Thank you!

PAGETOP