桜丘トピックス

高校姉妹校10週間留学③

こんにちは。

桜丘高校1年生の中で選抜された8名が現在、オーストラリアのケアンズにある姉妹校TAS (Trinity Anglican School)に10週間の留学生として滞在中です。現地で感じたことを報告してもらい、一人分ずつ紹介しています。

三人目はT.N.くんのレポートです。楽しんでお読みください。

*****

オーストラリアに2週間あまり滞在し感じたことは、まず虫をあまり気にしないことに驚きました。食事中にハエが飛んでることはしょっちゅうで運の悪い日はアリがテーブルをうろうろしてます。 TASでの授業は日本とは雰囲気が違いました。日本はひたすらノートを取り先生の話を聞き演習みたいな感じですが、オーストラリアではコミュニケーションを中心にビンゴやものづくりなど娯楽と絡めて学習していました。また、生徒は一人一人がすれ違う先生と挨拶を必ずしたり先生がいきなり生徒にちょっかいを出すなど生徒と先生という立場のあり方も日本とは異なりました。この写真はTASの行事でみんなで近くのプールに行ったときのものです。

この写真は授業の様子です。先生が大きな口を開けて笑っていました。そう、オーストラリアでは楽しい授業が沢山あります。なのでどの生徒も授業にとても積極的で、発言しようとみんな手を挙げていました。

この写真はとても大きなスーパーマーケットです。じぶんはこういう大きなスーパーがとても好きなのでなぜかとても楽しかったです。

この写真はTASの敷地内にあるプールです。1レーン50メートルもあり、今後開かれる校内水泳大会に向け、みんな一生懸命練習してました。

この写真はホストファミリーが初めて連れて行ってくれたところでした。とても大きな滝で「海外!」って感じがすごくしました。

〜最後に〜
日本食がすごく食べたいです。とても暑いし湿気も高いです。虫も沢山います。とても嫌ですが、それ以上に一生の思い出になるように精一杯満喫しようと思います。 少し発音に違いがありますが、頑張って聞き取ってます!

*****

以上、T.N.くんのレポートでした。ダイナミックな滝の風景、素晴らしいですね。

元気でがんばって!

 

 

 

 

PAGETOP