桜丘トピックス

中学高校セブ英語研修 最終回

こんにちは!

本日は、セブ英語研修の最終回・卒業式の様子をお送りします。

 

毎日8コマのレッスンの日々も終わり、ついに卒業式を迎えました。

CDUの卒業式は、フィリピン・日本・韓国のそれぞれの国歌斉唱から始まりました。

その後、1人ずつ名前が呼ばれ、スピーチを行います。

1人1分ほどのスピーチですが、みんな一生懸命に行っていました。

生徒の中には、先生からセブアノ語(現地の言葉です)を教えてもらい、セブアノ語でスピーチをやった生徒も・・・!

そして、卒業証書と記念品をいただき、

1人ずつ記念撮影!一緒に写っているのは、CDUで生徒の面倒をみてくださった日本人スタッフの方です。

式のラストには、桜丘生と卒業式に来てくださった先生方と記念撮影!

 

お次は、Howdyの卒業式の様子です。

先生方も来てくれ、式の開始は先生たちの歌と動画(先生たちの手作りです!)からスタートしました!

Howdyでは、グループごとに証書をもらい、代表生徒がスピーチをしました。

そして、メインは各グループによる発表!

ダンス、詩の朗読、歌・・・各グループ、工夫を凝らした発表でした。

Howdy組も、記念撮影!

お世話になった先生と写真を撮り、別れを惜しむ生徒もいました。

 

最終日は、マニラ経由組は朝7時に、直行便組は12時に語学学校を出発!

CDUは、最後に再び記念撮影。初日よりも、少したくましい顔になったような・・・?

先月オープンしたばかりのマクタン・セブ空港をあとに、全員無事に帰国いたしました。

 

長いようで短かった2週間のセブ英語研修。

「リスニングが聞き取れるようになった!」「ボキャブラリーの足りなさがわかった。がんばる!」など、

成長を感じた生徒や課題が見つかった生徒も多くいました。

セブで学んだことはぜひ日本でも継続してもらい、この研修が生徒たちにとって意味のあるものになることを祈っています。

 

2週間、お疲れ様でした!

 

 

PAGETOP